fc2ブログ
読書三昧の日々

竹内薫「理系バカと文系バカ」

2011/07/18
新書・ビジネス本・学習本etc 2
 
PHP新書
2009年3月 第1版第1刷
2009年4月 第1版第2刷
215頁
 
 

内容紹介より
自分の好きな世界に没頭しすぎて、極端な行動に走りやすい「理系バカ」
他人の情報を鵜呑みにして、その場の空気に流されやすい「文系バカ」
彼らの行動パターンから見えてくる思考の偏りとは?
「文系」「理系」という垣根をとっぱらった、バランスのとれた知性のあり方を考える

 
文系、理系人間に対し決め付けが多く感じられました
極端な例を挙げれば読者に理解してもらいやすい、と考えられたのでしょうか
「バカ」として具体例に挙げられているようなタイプは、文系理系関係なく、ただ未熟で社会性に欠ける人間といえると思います
こんな「バカ」いるいる、と優越感に浸ってしまいそうで却って警戒心が起こりました
それに自分だって 「バカ」 のような行動、発言をしていないか、反省材料にもなりました
 
文理融合のセンスを備えバランスのとれた思考法やバランスのとれた知識を身につけるきっかけとして軽い気持ちで読むとよい一冊です
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

こに

No title

ゆずにすももさん

文理両道で突き詰めてらしたのですか?
バカではなくて文理融合が自然と出来ているのでは?

2011/07/19 (Tue) 19:57

ゆずにすもも

No title

理系バカ+文系バカで突き詰めてきた身として、突き詰めて社会で生きようと思えば、人の気持ちがわからないとどうにもならないので、自然に人の気持ちを知ろうとするのが究極のバカです。それは何かと尋ねたら、、、wとしか言いようがありませんね。

2011/07/19 (Tue) 13:11