fc2ブログ
読書三昧の日々

宮部みゆき「返事はいらない」

2011/05/15
宮部みゆき 4
 
新潮文庫
1994年12月 発行
2010年1月 46刷
解説・茶木則雄
276頁
 

読んだよ!って誰かに話したくなる
宮部さんを読んだ後はいつもそう
 
 
6編の短篇集
印象に残ったのは
 
「裏切らないで」
死体となって発見された若い女性
彼女はカードや借金で買い物をし、派手な暮らしをしていた
彼女を知る人は、中身の無い薄っぺらな人間だという
そして彼女を妬む隣室の女性
この女性、今ならまだまだ最前線で頑張れる年齢だと思うのですが、作品が発表された1990年当時は独身女性としてはキビシイ状況だったのでしょうかねぇ
「火車」の原型ともいえるそうです

 
「聞こえていますか」
引越し先の一戸建てで見つけた盗聴器
男子中学生が謎解きに活躍します
幽霊?が出てきたり「小暮写眞館」を思わせます

 
「ドルネシアにようこそ」
お金とファッションセンスが無ければ門前払いという人気の店、ドルネシアをめぐる地味で平凡な若者の話
田舎者で流行にも鈍感な自分にはすごく理解出来る話でした

 
どのお話も、都会の片隅で地道に真面目に暮らしている人々に向ける宮部さんの温かい眼差しが感じられ、ほっとした気持ちになれました
 
 
関連記事
スポンサーサイト



Comments 4

There are no comments yet.

こに

No title

あられもちさん

やはり?
忘れるんですよね!
そうでなくては次が頭に入らない
って言い訳かしらん ^^;

2011/05/18 (Wed) 14:10

こに

No title

夕凪日和さん

読んだのにすっかり忘れてるってありますよね~
読んだ事すら忘れてることもあるし…
色々と記録の為のブログですよネ

2011/05/18 (Wed) 14:09

あられもち

No title

宮部さんは、短編もいいんですよねー。どれも心に響いてきます。わたしもだいぶ前に読んでいたので忘れていたところもありましたが、思い出しました。

2011/05/15 (Sun) 20:48

夕凪日和

No title

こんばんは(^^)/
宮部さんの この作品 読んだ記憶があり、すっかり忘れていましたが
こにさんの ブログで
思い出しました~(^o^)/
記録を書かないと すっかり忘れてしまう~(-゜3゚)ノ宮部さんの 小暮写真館に 興味持ちました~!

2011/05/15 (Sun) 20:31