fc2ブログ
読書三昧の日々

フィリップ・クローデル「リンさんの小さな子」

2010/03/27
海外の作家 0
長い戦争が続くアジアの国から難民として船に乗りフランスの港に降り立ったリンさんとリンさんの小さな子・サラ・デュウ
リンさんは小さな子を片時も離さない
リンさんの小さな子は食が細くあまり泣かない
言葉の通じない国でただ一人の友達・バルクさんとリンさんの心の交流
ただそれだけの物語です
余計なことは考えず
ただ文章を追ってじっくり読んで欲しい一冊です
少し悲しいお話です
 
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.