fc2ブログ
読書三昧の日々

吉田篤弘「天使も怪物も眠る夜」

2024/04/02
吉田篤弘 0
#読書 #本 #本レビュー#吉田篤弘#天使も怪物も眠る夜#中央公


中央公論新社
2019年7月 初版発行
409頁

文芸誌「小説BOC」の創刊にあたり、8組の作家によって紡がれた「螺旋プロジェクト」の一作
ある“ルール”のもと、古代から未来までの日本を舞台に、ふたつの一族が対立する歴史を描きます

2095年、壁によって分断された東京は〈不眠の都〉と呼ばれていました
睡眠コンサルタントで働くシュウは謎の美女と出会い…

「螺旋プロジェクト」最後の作品
20名を越える登場人物が、それぞれ行動している様子が同時進行で描かれます
物語が進むに従い、それらが関わりを持ち、あるひとつの点に集約されていきます

これまで描かれてきた海族と山族の対立、争いの時代は過ぎ去り、この世はひとつになりたいふたつなんだ、という結論に至る物語
螺旋プロジェクトでお馴染みの鯨、アイムマイマイ、ラムネなども登場し、最後を締めくくるに相応しい大団円の物語でした

年代順に読む予定が、図書館で見つけてつい借りてしまい、完結編を読んでしまいました
残るは、古代と明治、昭和前期の3冊です

20231112天使も怪物も眠る夜s

関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.