fc2ブログ
読書三昧の日々

おうち映画(日本)・幸福(しあわせ)のスイッチ/ツユクサ/桜色の風が咲く

2024/02/07
映画&ドラマ 2
#映画 #映画レビュー#幸福のスイッチ#ツユクサ#桜色の風
3本とも素晴らしい作品でした

「幸福(しあわせ)のスイッチ」
2006年
【NHKBS】

和歌山県を舞台に、ガンコ親父と3人姉妹が繰り広げる人間模様を描いたハートウォーミングストーリー

儲けにならない仕事ばかり引き受ける電器屋の父・誠一郎(沢田研二)に反発して上京、デザイン会社で働く次女の怜(上野樹里)ですが、自分の仕事が評価されないのに腹を立て、会社を辞めてしまいます
そんな中、誠一郎が怪我で入院したと聞き、帰省
意図せず店を手伝うことになります

ひねくれた性格の怜が少しずつ父を理解し、他人に頭を下げることを身に着け、一人前の大人に成長していく様子が好ましかったです
こういう役は上野さんにピッタリです
対して、すぐ怒鳴ったり大声を出すけれど顧客第一主義の頑固親父、ジュリーも最高でした
地味な作品ですが、それぞれが自分の道を一生懸命生きていくのだ、というラストにじんわり温かな心持になりました
優しさがたくさん詰め込まれた良い映画です♪

20231025幸福のスイッチ




「ツユクサ」
2022年
【Netflix】

過去を抱えながらも今日を明るく生きる女性に訪れる小さな奇跡をつづったヒューマンドラマ

小さな港町で暮らす五十嵐芙美(小林聡美)は、気心の知れた友人たち(平岩紙、江口のりこ)と他愛のない時間を過ごしたり、歳の離れた小さな親友・航平と遊びに出かけたり、車の運転中に隕石がぶつかるという信じがたい出来事に遭遇したりと、楽しい毎日を送っています
しかし、彼女が独りで暮らしているのには、ある哀しい理由がありました
ある日、芙美は町に引っ越してきた男性・篠田吾郎(松重豊)と運命的な出会いをします

よくありそうな大人の日常の中、芙美が断酒の会に参加したり、部屋に飾ってある息子と思われる少年の写真に語りかけたり、何気に謎めいた彼女の過去が温かいストーリーを通して徐々に明らかになっていきます
ツユクサの草笛を通して話をするようになった吾郎との関係が年齢の割にぎこちなくて純情で、微笑ましくて、こちらまでどぎまぎしてしまいました
キスシーン、いざ、で停電するところが良かったなー

平岩紙さんと江口のりこさんの存在感が大きかったです
20231025ツユクサ

    
「桜色の風が咲く」
2022年
【Eテレ】

世界で初めて盲ろう者の大学教授となった東京大学先端科学技術センター教授・福島智さんと母・令子さんの実話をもとに描いたヒューマンドラマ

関西の町で教師の夫・福島正美(吉沢悠)、元気な3人の息子と暮らす令子(小雪)
末息子の智は幼少期に失明するも家族の愛情に包まれて天真爛漫に育ち、東京の盲学校で充実した高校生活を送っていました
ところが18歳の時に聴力も失ってしまいます
暗闇と無音の世界で孤独に苛まれる智に希望を与えたのは、令子が考案した新しいコミュニケーション手段「指点字」でした
母子は勇気をもってひとつずつ困難を乗り越え、人生の可能性を切り拓いていきます

智につきっきりの令子と仕事と家事と息子2人の世話で疲れ果てる夫、寂しいと訴える次男
バラバラに壊れてしまいそうな一家を繋ぎとめたのは、思いの丈をぶつけた令子を受け取めた夫の懐の大きさでした
智に視力のあるうちに、と小旅行に出かけた先で撮影した家族写真から家族の強い絆が感じられます

青年期の智に田中偉登さん
聴力も失い、男版ヘレンケラーやな、と自嘲しながらも明るく強く前に進もうとする姿を好演されていました
でも、やはり一番は主演の小雪さんですね
実生活で子育てを経験されたこともあってか、真に母親でした

智と家族の人生、実際はもっともっと過酷だったことでしょう
頭が下がります

最初に幼い智を連れて行った病院の眼科医(リリー・フランキー)が観るのを止めようかと思うほど最悪でした
今思い出しても腹が立ちます!

20231025桜色の風が咲く1

20231025桜色の風が咲く


関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.
こに

こに

latifaさん

「幸せのスイッチ」
全く期待してなかったのですがすごく良かったです。
>ジョゼのお婆さんとか、、そういうの、全然覚えてないんです
latifaさんが鑑賞されたの、2007年ですもの。覚えてる方が不思議です。
ジュリーも田中裕子さんと結婚して得るものがあったのかしら。
上野樹里さんは、それこそジョゼを思い出しました。

小林聡美さんは三谷幸喜さんと離婚されてから一皮むけて軽くなったように感じます。
得も言われぬ魅力がありますよね。

小雪さん、ねー。
真剣にお母さんですよね。
驚きました。

NHKのドラマと小野花梨さんのこと
latifaさんも変わらずお好きとのことで嬉しいです。
岸井ゆきのさん、職場も家庭もキツくて心配です。
脇役に、名の通った役者さんばかりで、それも一話で消えてしまうなんて!
泉ピン子さんをはじめ、老婆役の女優さんたち皆さん見応えありました。
マツケンも何かしら問題を抱えていそうですよね?!

2024/02/07 (Wed) 14:35

latifa

こにさん、こんにちは!
わー 今回は3本とも見てます♪

幸せのスイッチが一番好きだなー。
さっき自分ところでコメント書き漏れしちゃったんですが、ジョゼのお婆さんとか、、そういうの、全然覚えてないんです・・・。再見しないとかなりもう忘れちゃってて・・・。

ジュリーね、、30年位前と今とでは全然違った印象です。
逆に小林聡美さんは昔(男女逆になるコメディ映画に出てた頃)はそんな魅力とか感じなかったけれど、中年以後魅力的な人って風に印象が変わりました。

上野樹里ちゃんは今も昔も変わらないなー

小雪さんは一杯お子さんを成され田舎暮らしをするとは昔は全く想像もつかなかったです。

2024/02/07 (Wed) 09:18

Trackback 2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) 「ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー」「渇水」「桜色の風が咲く」感想

最近見た邦画3本 まるでバラバラ

2024/02/07 (Wed) 08:58 by ポコアポコヤ 映画倉庫
「幸せのスイッチ」昔ながらの電気屋さん・・・(T_T)

予備知識ゼロ、期待度ゼロで、なにげなく見たのですが、これは予想意外に、かなり良い映画でした。4つ★、後日考えたら、4つ★半でも良いかもしれない。 とにかく、こういう昔ながらの仕事ぶりをしているお父さん(電気屋さん)に、ジーン!と来てしまいました。昔は、こういう商売する人も多かったんだろうにな・・・。

2024/02/07 (Wed) 08:46 by ポコアポコヤ 映画倉庫