fc2ブログ
読書三昧の日々

北重人「夏の椿」

2010/01/14
北重人 0

読みながら
松本清張の「かげろう絵図」がふと頭をよぎります
第十回松本清張賞最終候補に残った作品
なるほど

天明6年、江戸が大雨に襲われた日、萩山定次郎が何者かに斬殺された
叔父にあたる旗本の三男坊である立原周乃介は、定次郎の身辺を調べ直すうちに、とんでもない悪にたどりつく

天明の飢饉
今でいう地上げ屋の暗躍
米相場を操作し儲けを企む米穀商
田沼政治の終焉
一ツ橋家の策略
天明の江戸打ちこわし
などをストーリーに盛り込みつつ
事件の核心に近づくにつれ周乃介の周りで次々起きる不審な事件

楽しめる一冊でした


定次郎が身請けしようとしていた遊女・沙羅
沙羅のあまりに過酷な人生
幸せな暮らしに手が届きそうなところで儚く散ってしまう

沙羅双樹を夏の椿と呼ぶ、と作中にはありますが実は別物らしいですね
それでも、このタイトル「夏の椿」
いいんじゃないですか?


少し残念だったのは
佐伯丙内が定次郎を斬殺した張本人だろう
ということが想像出来てしまったこと
でも、あの弟だってことは判らなかったですが

関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
こに
Admin: こに
リアルな旅やお出かけ&本や映画の中を旅します♪
北重人