fc2ブログ
読書三昧の日々

中山可穂「娘役」

2023/10/29
中山可穂 0
#読書#本#本レビュー#中山可穂#娘役#角川書店#


角川書店
2016年4月 初版発行
211頁

宝塚歌劇団の若手娘役・ほたるは新人公演でヒロインに抜擢され、一期上の憧れの男役・薔薇木涼をコンビを組むこととなります
ほたるの娘役としての成長と薔薇木とのコンビ愛
そして、そんな彼女を遠くから密かに見守り続ける孤独なヤクザ・片桐
ほたると片桐のそれぞれの10年を切なく濃密に描きます

前作「男役」のような恋愛幻想譚を想像していたのでやや拍子抜けでした
序盤では荻原浩さんのヤクザものを連想してしまい、違和感も…
片桐の『組』のパートよりタカラジェンヌたちの日々が興味深かったです
ラストがちょっとアレでしたが、ほたる一筋の片桐が可愛くて中山可穂さんには珍しく『面白い』作品でした

宝塚シリーズ、続きもあるようなのでボチボチ読んでいこうと思います
今はゴタゴタしていて無理ですが、いつか生舞台を観たいです

20230611娘役s


関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.