fc2ブログ
読書三昧の日々

おうち映画(海外)・クーリエ:最高機密の運び屋

2023/06/29
映画&ドラマ 2
#映画#映画レビュー#クーリエ#最高機密の運び屋#
「クーリエ:最高機密の運び屋」
原題 THE COURIER
2021年 イギリス、アメリカ
【ムービープラス】

キューバ危機の舞台裏で繰り広げられた実話を基に、核戦争を回避すべく奔走する男たちの葛藤と決断をスリリングに描きます

1962年10月、アメリカとソ連の対立は頂点に達し、キューバ危機が勃発
英国人セールスマンのグレヴィル・ウィン(ベネディクト・カンバーバッチ)は、スパイの経験など一切ないにも関わらず、CIAとM16の依頼を受けてモスクワへと飛びます
彼は、GRU(ソ連軍参謀本部情報総局)の高官ペンコクフスキー(メラーブ・ニニッゼ)との接触を重ね機密情報を西側へと運び続けます
その凄まじいほどの緊張感をカンバーバッチさんがリアルに演じています
商談を装い何度か接触するうちに友情が芽生える2人
ソ連当局にバレそうになりペンコクフスキーを見捨てようとする西側に対し、嫌々やっていたスパイ仕事だったはずが、最後の任務を自ら志願するグレヴィル
極秘任務ゆえ、家族にも話せないでいますが、妻は不穏な空気を感じ取っているようです
家族をとるか友情をとるか
悩み抜いた末、彼は友情をとります
ペンコクフスキーと家族の亡命が成功するか、と思いきや…
グレヴィルもイギリスに戻る飛行機の離陸寸前にソ連側に捕らえられてしまいます
妻の元に戻る日を信じ、厳しい拷問に耐えるグレヴィル
また、グレヴィルの帰国を待ち続ける妻の強さと愛情にも頭が下がります

収容所で一度だけ対面が叶ったグレヴィルとペンコクフスキー
グレヴィルがペンコクフスキーに叫んだ「世界を救ってくれた」に胸をギュッと掴まれました
2人の活動のおかげでキューバ危機は回避されていたのです

折衝を重ね、1年半の後、ようやく国に戻ることができたグレヴィル
しかし、ペンコクフスキーは処刑されていました

最後にグレヴィル・ウィン氏本人が帰国した際の映像が流れます
見かけだけかもしれませんが思ったよりお元気そうでした
映画のカンバーバッチさんは10kgも減量して役になりきったとのこと
歴史の裏の人間ドラマを描いた凄まじい作品でした

20230324クーリエ


関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.
こに

こに

latifaさん

実話こそがドラマですね。
彼らがいたからキューバ危機が回避されたなんて想像するに恐ろしい。
今も、私たちの知らないところで暗躍してる人がたくさんいるのでしょうねぇ。
カンバーバッチさんが観たかっただけ、なのですが観て良かったです♪

2023/07/01 (Sat) 14:47

latifa

こにさん、ご覧になったんですね。
いやー、これはキツイお仕事でしたよね。
実話ベースだと身が引き締まる思いです。

カンバーバッチさんの減量もすざましかったです。

TBは出来なかったので、リンクの処にアドレス入れました。

2023/06/30 (Fri) 16:51