fc2ブログ
読書三昧の日々

おうち映画(海外)・ぶあいそうな手紙

2023/04/29
映画&ドラマ 2
#映画#映画レビュー#ぶあいそうな手紙
「ぶあいそうな手紙」
原題 AOS OLHOS DE ERNESTO
2019年 ブラジル
【Amazon Prime Video】

手紙の代読と代筆を通して交流を深めていく老人と娘の姿を描きます

ブラジル南部のポルトアレグレに暮らす78歳のエルネスト(ホルヘ・ボラーニ)
隣国ウルグアイからブラジルにやってきて46年になるエルネストは、頑固で融通がきかない独居老人
老境を迎え、視力をほとんど失ってしまったため読書も新聞を読むこともままならなくなった彼のもとに1通の手紙が届きます
手紙の差出人はウルグアイ時代の友人の妻・ルシアでした
エルネストは偶然知り合った23歳の女性・ビア(ガブリエラ・ポエステル)に手紙を読んでくれるように頼み、代読と代筆のためビアはエルネストの部屋に出入りするようになります
ビアにはクズ男がついていて、彼とは別れるように諭しても別れられない様子
周囲の心配をよそに、ビアに情が湧いたのかエルネストは彼女のためにお金を使うようになります
ビアは手癖が悪いし、最初のうちは大丈夫か不安でしたが、エルネストの語る言葉にビアはこれまで学ぶことのなかった『人を大切に思うこと』を知り、遅まきながら大人として成長していきます
エルネストもビアのストレートな言葉に頑なだった心が解れていくのでした

このまま2人で笑ったり喧嘩したりしながらほのぼの暮らしていくのかと思いきや、ラストにほろり、良かったです

原題を直訳すると「エルネストの目を通して」
邦題は劇中のエルネストとビアのやりとり
ウルグアイの女性に返す手紙冒頭
エルネストの言う「拝啓 ルシア様」はぶあいそうだ、とビアが言い「親愛なるルシア様」に変えるところからとったのでしょう
ふむ、悪くないです

20230203ぶあいそうな手紙



関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.
こに

こに

latifaさん

ラストが全て持って行った感じですよね。
ずっと観たかったので期待通りで嬉しかったです。

gooでもどこでもいらっしゃいませ~、です(#^^#)

ありがとうございます。
肺、息子です。
結婚5年目でようやくコウノトリさんがやってきました。
今は悪阻で大変そうなので落ち着いた頃に一度顔を見に行こうかと思っています。
姑は控えめに、です。

2023/04/30 (Sun) 11:11

latifa

こにさん、これ結構良かったです。
まだちゃんと内容覚えてます。
42の方、gooの方にコメント書いちゃいました。

そうそう、赤ちゃん産まれるのねー!
おめでとうございます♪
息子さんかな?
楽しみですね^^

2023/04/29 (Sat) 15:51