fc2ブログ
読書三昧の日々

市川拓司「私小説」

2023/03/23
あ行の作家 0
#読書#本#本レビュー#市川拓司#私小説#朝日新聞


朝日新聞出版
2018年3月 第1刷発行
231頁

「発達障害」で愛妻家
極端な平和主義者でずっと病人
そんな市川さんの私小説です

小説は「壊れた自転車でぼくはゆく」のみ
原作は未読ですが映画「いま、会いにゆきます」「ただ、君を愛してる」は観ました
市川さんの障害のことは聞いたことがある、程度でした
本書を読んで、これほどの厳しいものと知って驚いています
また、奥さまとの出会いがどれほど市川さんを救っていることでしょう

基準は普通じゃない
モノの見方は幾通りもあって、それぞれに意味がある

小説家という職業に就けたのは幸いだった、と私ごときが言って良いものか迷いますが、そう思いました

久しぶりに市川さんの恋愛小説を読みたくなりました

20221216私小説


関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.