fc2ブログ
読書三昧の日々

おうち映画(海外)・アンティークの祝祭/ほえる犬は嚙まない/2046

2022/04/11
映画&ドラマ 2
#映画 #洋画#アンティークの祝祭#ほえる犬は噛まない#2
「アンティークの祝祭」
原題 LA DERNIERE FOLIE DE CLAIRE DARLING
2019年 フランス
【ムービープラス】

人生の終焉を悟った老女、クレール・ダーリング(カトリーヌ・ドヌーヴ)が半生を共にしてきたアンティークを処分することで、これまでの人生や真に残したい思いが浮かび上がるヒューマンドラマ

近頃、意識や記憶が朧気になることが増えたと感じたクレールは、今日が人生最期の日と確信し、長年かけて集めてきたアンティークの人形や仕掛け時計、肖像画などのコレクションを処分しようと庭先で売り始めます
そんなクレールの奇妙な行動を耳にした娘のマルティーヌ(キアラ・マストロヤンニ)は疎遠になっていた母のもとを訪れるのでした

クレールがアンティーク品から過去を思い出すのですが、それがはっきりとした記憶なのか、記憶の混濁に過ぎないのか明白に描かれておらずファンタジーのようにも思える部分もありました
堂々としながら少し不安も抱えていてオロオロするカトリーヌ・ドヌーヴは大女優ながら可愛さも茶目っ気もあり流石です


実の母と娘の競演は見応えがありました

邦題はエンディングからつけたのでしょうか
確かに“祝祭”ではありましたが例のごとくいかがなものか…余計なものを織り込み過ぎな気がします
     20220305アンティークの祝祭




「ほえる犬は噛まない」
原題 BARKING DOGS NEVER BITE
2000年 韓国
【ムービープラス】

とあるマンションを舞台に連続子犬失踪事件をめぐる騒動を描いた異色コメディ

中流家庭の住むマンションに暮らすユンジュ(イ・ソンジェ)はうだつの上がらない大学の非常勤講師で出産間近の妻ウンシルに養われながら教授を目指しています
近頃、マンションでは禁止されている犬を飼う人が増えており頻繁に聞こえてくる鳴き声にイラついていたユンジュはたまたま見かけた犬を地下室に閉じ込めてしまいます
一方、マンションの管理事務所で働くヒョンナム(ペ・ドゥナ)は少女の愛犬がいなくなったことを知り迷い犬のビラ貼りを手伝うことになります

犬泥棒の追跡、女同士の友情、夫婦間の溝、貧富の差、など描かれるエピソードは韓国社会の縮図そのもので、よくこれだけのものを盛り込んだものだと思いました
いやぁ、ものすごいストレス社会ですねぇ
コメディではありますが、ド~ンとくるシーンが多かったです
この後、どうなるのか?
きっと皆それぞれ日々を暮らすだけなのでしょう

ヒョンナムの女優さん、どこかで観たと思ったら「空気人形」で素晴らしかった方でした
     20220305ほえる犬は噛まない




「2046」
原題 2046
2004年 香港
【Netflix】

1967年の香港で「2046」という近未来小説を書く男の人生と、彼が小説で描く近未来を描きます

元新聞記者で小説家にトニー・レオン
「2046」の登場人物に木村拓哉
他にコン・リー、チャン・ツィイーなどアジアの人気俳優が多く出演しています

小説世界より小説家の生活に多くの時間が割かれています
何故だか女に不自由しないモテ男、トニー・レオンの色気に圧倒されました
キムタクなどは、ただの「人」でした(笑)

同じウォン・カーウァイ監督でトニー・レオン主演の「花様年華」のほうがストーリーが広がり過ぎず分かりやすくて観やすかったかな
      20220305_2046.jpg




関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.
こに

こに

latifaさん

ドヌーヴさんには、まだまだ活躍して欲しいですね。
キアラさんは、お父さん似でドヌーヴさんの娘とはすぐ分からなかったです。
蛙の子は蛙、で演技派女優として成長していかれるのかな。

ペさんみたいな下町っぽい雰囲気の女の子は韓国では珍しいですね。
貴重な存在です。
是枝監督の「ベイビー・ブローカー」にも出演されているようで観たいです。

2023/05/06 (Sat) 10:00

latifa

こにさん、こんにちは!
1年前にご覧になられていたのですねー。

ドヌーブさんはお年を召されてふっくらされたとは言っても、あの年であの美貌、かわいらしさとかはなかなか凄いものがありますよね。
足は細いのよね。

そうそう、吠える犬は~は、主役の女優さん、空気人形の子なのよね。
下町っぽい雰囲気の(美貌の韓国の女優さんにしては珍しいルックス)個性派さんですが、実は財閥だかセレブなお家の娘さんらしいです。
BGMのジャズの使い方とかもカッコよくて、ブラックジョークが効いている作品でしたよね。

2023/05/06 (Sat) 07:34