fc2ブログ
読書三昧の日々

あさのあつこ「鬼を待つ」

2022/03/31
あさのあつこ 0
#読書#あさのあつこ#鬼を待つ#弥勒シリーズ#光文


光文社文庫
2021年2月 初版1刷発行
2021年7月 3刷発行
解説・竹山康彦
332頁


弥勒シリーズ 第9弾

飲み屋で男二人が喧嘩
一人は大怪我、怪我を負わせた男は首を吊り死亡
町方にすれば些末な事件のはずでしたが、大怪我を負った男が惨殺されたことから事態は大きく展開します

小間物問屋・遠野屋の商売を横取りしようとする大店・八代屋と遠野屋の主・遠野屋清之介の故郷、嵯波藩との関係は?
さらに八代屋の主が大怪我の男と同様の方法で惨殺され…

伊佐治の『解説』により信次郎や清之介の心の動きが読めます
事件の解決は勿論ですが、信次郎、清之介、伊佐治、それぞれのキャラクター造詣が見事で、いつものことですが一気読みでした

今回は、清之介にとっての弥勒である亡き妻・おりんに瓜二つの女性が現れ大きく動揺する様が描かれます
これまでここまでの激情を見せたことのなかった清之介が今後“姿が変わっていく”とのこと
楽しみです(#^^#)

      20220203鬼を待つs

関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.