fc2ブログ
読書三昧の日々

小川洋子「琥珀のまたたき」

2021/09/01
小川洋子 0
#読書#小川洋子#琥珀のまたたき#講談社文庫

講談社文庫
2018年12月 第1刷発行
2019年 6月 第3刷発行
解説・大森静佳
323頁

パパが遺した別荘で暮らし始めた三人の姉弟たち
ママに末娘を襲った魔犬の呪いから逃れるため決して家の敷地を囲む壁を越えて外に出てはいけないと厳しく言われており、様々な工夫をしながら毎日楽しく暮らしています
年月が過ぎ、ママの禁止事項がこっそり破られるたび、家族だけの隔絶された暮らしは綻びをみせはじめます
明らかに監禁、児童虐待です
しかし、ママにとっては末娘を失った衝撃が忘れられず、残った三人の子どもを守ることを固く決意しての暮らしだったのです
そのためにまず子どもたちから本当の名前を奪い、亡くなったパパが編集した図鑑のなかからオパール、琥珀、瑪瑙という新しい名前をつけたのでした

別荘での暮らしと現在のアンバー氏(琥珀の英語名)の暮らしを織り交ぜながら物語は進みます

小川さんの世界観は好き、なはずのですが本書は毒が強すぎて引いてしまいました
自分の精神状態も影響したかもしれません
いつか心に余裕のある時に再読しようと思います

            20210527琥珀のまたたきs
 
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.