fc2ブログ
読書三昧の日々

アンソロジー「NHK国際放送が選んだ日本の名作 1日10分のしあわせ」

2021/08/09
アンソロジー 0
#読書#アンソロジー#NHK国際放送が選んだ日本の名
双葉文庫
2019年 7月 第1刷発行
2020年11月 第14刷発行
167頁

朝井リョウ「清水課長の二重線」
 「何者」の方、という程度しか知りません
 映画はまぁまぁ面白かったです
 
石田衣良「旅する本」
 10年以上前ですが初めて読んだ「夜の桃」以来拒否反応しかありません
 初読みで選択を誤ったのでしょうがTVなどで拝見してもどうにも不愉快

小川洋子「愛されすぎた白鳥」
 再読、それでも新鮮味がありました
 
角田光代「鍋セット」
 角田さんでは読んだことのないホンワカ系でした

坂木司「迷子/物件案内」
 「和菓子のアン」シリーズの方、という程度しか知りません
 次々出てくる自分より年下の作家さんまで手が回らない現実
 実は本書に収録されている作家さん全員が自分より年下なのです!

重松清「バスに乗って」
 良くも悪くも重松清らしい“完成品”
 そこが不満です

東直子「マッサージ/日記」
 再読、好みです

宮下奈都「アンデスの声」
 「羊と鋼の森」しか読んだことがありません

アンソロジーを読むと、いつもは興味が湧く作家さんが必ず出てくるのですが、本書では特別読んでみたいと思える方がいませんでした

NHK WORLD JAPANのラジオ番組で17の言語に翻訳して朗読された作品とのこと
ラジオで聴けばまた違う印象を受けるショートストーリー集かもしれません
 
          20210505_1日10分の幸せs
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.