fc2ブログ
読書三昧の日々

おうち映画(海外)を5本

2020/06/06
映画&ドラマ 2
#映画 #洋画

「オズの魔法使」

原題 THE WIZARD OF OZ

1939年 アメリカ

BSプレミアム】

 

おばさん、おじさん、下働きのハンク(レイ・ボルジャー)、ヒッコリー(ジャック・ヘイリー)、ジーク(バート・ラー)、愛犬トトと共にカンザスの農場に暮らすドロシー(ジュディ・ガーランド)は虹の彼方のどこかにここより良い場所があると夢見ている少女です

ある日、占い師マーヴェル(フランク・モーガン)を訪ねて帰宅したところ大きなトルネードに襲われて気を失い、愛犬と共に魔法の国オズへと運ばれてしまいました

途方にくれているところ、北の良い魔女(ビリー・バーク)に出会い、彼女の助言に従い、オズの魔法使いにカンザスに戻れるようにしてもらおうとエメラルドシティを目指します

途中で、知恵が欲しい案山子(レイ・ボルジャー)、心が欲しいブリキ男(ジャック・ヘイリー)、勇気が欲しいライオン(バート・ラー)に出会い、彼らと絆を深めながら旅をともにするのでした

案山子、ブリキ男、ライオンを演じるのはカンザスで農場の下働きをしている3

他にも、西の悪い魔女は意地悪でトトを処分しろと迫るミス・ガルチ、オズの魔法使いは占い師マーヴェルの役者さんが演じています

 

1939年制作にしては見事な特殊メイクや映像演出でした

ジュディ・ガーランドが、扱いにくくなる年齢相応の大人を困らせてばかりだけれど素直で健気で愛らしくて憎めない夢見る少女を熱演、また愛犬トトや周囲を固める大人たちも素晴らしかったです

今回、はじめて最初から最後まで通して鑑賞しました

こういう内容の物語だったのですね~

子供向けのメルヘンと思っていましたが、なかなかに奥の深い内容でした

「家が一番」と願えば家に戻れるのですね♪

20200420オズの魔法使

 

 

 

 

「僕のワンダフルライフ」

原題 A DOG’S PURPOSE

2017年 アメリカ

【ムービープラス】

 

飼い主の少年と再び巡り合うため生まれ変わりを繰り返す犬の奮闘を描いたドラマ

ゴールデンレドリバーの子犬ベイリーは自分の命を救ってくれた少年イーサンと固い絆で結ばれていきます

やがて寿命を終えたベイリーはイーサンに会いたい一心で生まれ変わりを繰り返すようになりますがなかなか遭遇できません

 

それほどでもなかろうと思っていましたが、何が何が、最初のゴールデンレドリバー・ベイリーが老衰で、2度目の警察犬・エリーが犯人に撃たれて、それぞれ死を迎える度、そしてようやく3度目でイーサンに出会えて彼が目の前の犬がベイリーの生まれ変わりと気づくところでは涙涙でした

 

ストーリーは原題そのままですね

犬が、自分は何のために生まれてくるのだろうと考え続け出した結論は至って単純明快なものでした

変に期待させるような邦題はどうかと思います

あくまで犬目線で描かれており、犬が人の癒しになるとか、責任を持って飼うとか、一方的な人間目線でないところに好感が持てました

20200420僕のワンダフルライフ


20200420僕のワンダフルライフ1


 

 

 

 

「かごの中の瞳」

原題 ALL I SEE IS YOU

2016年 アメリカ

【スターチャンネル BS10

 

夫のジェームス(ジェイソン・クラーク)と赴任先のバンコクで幸せな結婚生活を送るジーナ(ブレイク・ライブリー)は、子供の頃に交通事故に遭い視力を失っていましたが、献身的な夫の支えで何不自由のない生活を送っていました

医師の勧めで角膜移植を受け片方の視力を取り戻したジーナは心から喜ぶ一方で、初めて目にした夫の姿が夢想していたものと違い失望するのでした

これまで眠っていた好奇心や冒険心が目覚め、流行りのファッションに身を包み髪を染め外の世界へと飛び出していくジーナにジェームズは疑念と嫉妬を感じるようになります

 

ジェームズがジーナに対して目が見えなかった間“お前は目が見えないんだぞ”的な圧力をじんわりと掛け続けていたことや、視力を回復し外の世界に出ていく彼女を自分の元に取り戻すためにやったことはいただけませんが、ジーナの態度もいかがなものか?

ジーナからはこれまで自分に尽くしてくれていた夫に対する感謝の気持ちが消えてしまったのでしょうか

何だか腹が立ちました

 

優しい夫は冴えない中年のオヤジで、若くて美しい妻は失望した…

ラストは残酷で後味の悪いものでした

20200420かごの中の瞳

 

 

 

 

「赤いアモーレ」

原題 NO()N TI MUO()VERE

2004年 イタリア

【シネフィルWOWOW

 

外科医の男と貧しい境遇の女性との不倫の恋愛を描いたラブストーリー

 

外科医ティモーテオ(セルジオ・カステリット)が勤務する病院にバイク事故を起こした一人娘が瀕死の状態で運び込まれます

娘の事故を聞いた彼は愕然とし、窓の外を見ると雨の中、椅子に掛けた女性の後ろ姿が見えます

足元に置いてあるバッグから、ふと15年前に失った愛するイタリア(ペネロペ・クルス)との出来事を思い出します

 

いつものことですが、最初のうちはイタリア人の恋愛観についていけず「それは無いでしょう?」の連続でしたが終盤になってくるに従い、心から人を愛することの切なさ、自分の死をもってティモーテオへの愛の強さを伝えたイタリアの苦しすぎすぎる思いなどに心が痛くなるほどでした

娘の意識が回復したと聞かされた後、窓の外に椅子も女性の姿も無く…

ティモーテオはロッカーに隠してあったイタリアの遺品、赤いパンプスをそっと椅子があった場所に置いて立ち去ります

不倫ものですが命の大切さを扱っていて、鑑賞後は不思議と穏やかな気持ちになりました

ペネロペ・クルスにまたしてもやられました

素晴らしい女優さんです!

20200420赤いアモーレ

 

 

 

 

「グエムル-漢江の怪物-」

原題 THE HOST

2006年 韓国

【ムービープラス】

 

ソウルの中心を流れる漢江の河川敷で小さな売店を営みながら暮らすパク一家

普段と変わらない日を送っていましたが、ある日突然漢江から飛び出してきた謎の巨大怪物に末娘を奪われてしまいます

 

パク家のダメ親父役がソン・ガンホということで観ました

怪物が人を襲うシーンは残忍でグロテスクで酷過ぎ、突込みどころも多い作品でした

しかし、韓国人特有の情の篤さやコメディ要素とソン・ガンホで最後まで観られたという感じです( *´艸`)

巨大怪物がウィルスをまき散らす云々、徹底的な消毒作業、アメリカや韓国政府への風刺が、コロナ渦中にある今にはリアル過ぎました

20200420グエムル

 

関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.
こに

こに

latifaさん

「グエムル~」
ソン・ガンホに期待したけれど騒がしさばかりが記憶に残りました。
出演作全てが名作とはいきませんよネ。

「かごの~」
浮気相手、夫に比べてただ若いだけのような…
ラストは酷でした。それに比較して赤ちゃんが生まれて幸せそうな妻。視力が失われていた間、よほど夫に対して心の底にたまっていたものがあったのかしら。

2020/06/08 (Mon) 08:08

latifa

No title

こにさん、こんにちは!
グエムルは、前に見たのですが、結構記憶が薄くなっちゃっていて・・
でも今見ると、コロナのこともあって、神妙な気持ちになりそうです。

かごの中の・・は、なんというか・・奥さんのかわりっぷりが、ちょっとね・・・
あの浮気相手、そんなにカッコよくなかったしなあ・・・
旦那さんが、ちょっと可哀そうでしたよね・・・

2020/06/07 (Sun) 17:28