FC2ブログ

映画・シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢

原題 L’LNCROYABLE HISTOIRE DU FACTEUR CHEVAL

2018年 フランス

【センチュリーシネマ】

 

フランス南東部の人口2000人にも満たない小さな村・オートリーヴに現存する“シュヴァルの理想宮”を33年という年月を費やしてたった一人で建造した郵便配達員・シュヴァル(ジャック・ガンブラン)の半生を描きます

実話というのに驚きました

 

19世紀末、妻を病気で亡くし一人息子を親族に預けて郵便配達の仕事を続けるシュヴァル

配達地域が変わり、未亡人のフィロメーヌ(レティシア・カスタ)と運命の出会いを果たします

↑↑ 

これはシュヴァルの上司・オーギュスト(ベルナール・ル・コク)の策略と思います

 シュヴァルのことを見守り控え目に応援する良き人です^^

 

 

人付き合いが苦手で村人から偏屈とみられているシュヴァル

娘のアリスが産まれてもその小さな生命とどう接してよいのかわかりません

 

ある日、配達の途中で石に躓いた彼は、その奇妙な形に心奪われ、娘・アリスのために石を積み上げて壮大な宮殿を創り上げるという奇想天外な挑戦を思いつきます

110時間、郵便配達の仕事を終えた後、10時間宮殿を作る毎日

村人に変人扱いを受けながらも父を慕うアリスと大きな愛情で夫を支えるフィロメーヌの存在が彼を励まし、少しずつ宮殿が出来上がっていきます

宮殿のデザインは突然湧いてきたものではなく、オーギュストから宛先不明で配達出来ない絵葉書を貰うことがあったのですが、その絵柄が宮殿のデザインに繋がっているようです

結婚前、フィロメーヌから配達をしながら何を考えているのか問われ、夢を頭の中に描きながら歩いている、と答えています

ずっと頭の中に蓄積されていたのですね

 

幸せな日々は続くかと思われましたが、苛酷な運命が次々と彼を襲います

 

後半は何度もこれでお終いかと思うほどの悲劇の連続で辛いシーンが多かったですが、ラストシーンには救われました

 

前知識ゼロで観賞

シュヴァルの理想宮が実在するとは知らず、宮殿全体を俯瞰する映像はCGなのかしら、すごいセットを作ったものだetc、感心しながら観ていました(笑)

戦争の影がほとんど落ちていなかったのも幸いでした

 

オートリーヴの自然風景も素晴らしく、不屈の人・シュヴァルの半生に静かな感動に包まれて映画館を出ました

20191226シュヴァルの理想宮2s




実在するシェヴィルの理想宮

20191226シュヴァルの理想宮実物1s




左上の画像はモアイ像をモチーフにしたもの

左下のはシュヴァルが宮殿建築のきっかけになった最初に躓いた奇妙な形の石

20191226シュヴァルの理想宮実物2s




関連記事
スポンサーサイト



tag : #映画 #シュヴァルの理想宮 #ある郵便配達の夢 #センチュリーシネマ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢

フランス南東部の村オートリーヴ。 妻を亡くした郵便配達員シュヴァルは、未亡人フィロメーヌと再婚した。 寡黙で人付き合いの苦手な彼は、生まれた娘アリスのために石を積み上げて“おとぎ話の宮殿”を作り上げるという奇想天外な挑戦を思いつく。 作りかけの宮殿を遊び場に育つアリスと共に、一家の幸せは続いていくかに見えたのだが…。 実話から生まれたヒューマンドラマ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

こに

Author:こに
リアルな旅やお出かけ&本や映画の中を旅します♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク