FC2ブログ

映画・風をつかまえた少年

原題 THE BOY WHO HARNESSED THE WIND

2018年 イギリス、マラウイ

【伏見ミリオン座】

 

今から20年ほど前の話

実話に基づくそうです

 

世界で最も貧しい国のひとつと言われるアフリカのマラウイ

2001年、大干ばつが14歳のウィリアム(マックスウェル・シンバ)の暮らす村を襲い村人は飢餓と貧困に苦しんでいました

学校に通い始めて間もなく、理科が得意で勉強熱心なウィリアムでしたが、学費を払えず退学になってしまいます

しかし、姉のアニー(リリー・バンダ)と交際中の理科教師の理解もありこっそり図書室で勉強を続けた彼は独学で風力発電のできる風車をつくり畑に水を引くことを思いつきます

けれど、いまだ雨乞いの祈りで雨を降らそうという父親(キウェテル・イジョフォー)を始めとする村人たちは彼の考えに耳を貸そうとしません

それでも家族や村人を助けたいというウィリアムの強い思いは徐々に周囲を動かし始めるのでした

 

 

まず、マラウイという国を知りませんでした

地図で調べたところアフリカ大陸南東部、ザンビア、モザンビーク、タンザニアに囲まれた南北に長い国です

「ここにいても死を待つだけだから北部に移ろう」というような台詞がありましたが納得です

 

本作で描かれた飢餓や貧困は、昔々の話ではなく、ある程度の改善はみられても現在も続く問題なのでしょうし、家族関係や圧政などは万国共通と思いました

 

母親(アイサ・マイガ)がアニーに「飢えたら私の腕を食べさせる」と言い放つシーンは親のあるべき姿を見せつけられたようで胸に迫るものがありました

父と息子・ウィリアムの関係はそれほど簡単にはいきませんでしたが、それでも…ね^^

 

大きな感動に包まれる、というほどではありませんでしたが清々しい思いで映画館を出ました

 

アフリカの雄大な自然映像と音楽が素敵♪

特にエンディングに流れた曲は馴染みやすいメロディラインで気に入りました

 20190814風をつかまえた少年s

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

tag : #映画 #風をつかまえた少年 #マラウイ #風力発電

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

風をつかまえた少年

当時、人口の2%しか電気を使うことができず、世界でもっとも貧しい国のひとつと言われるアフリカのマラウイで、少年が風車で自家発電に成功した実話を収め、世界各国で出版されたノンフィクションを映画化。アカデミー賞を受賞した「それでも夜は明ける」で自身もアカデミー主演男優賞にノミネートされた俳優のキウェテル・イジョフォーがメガホンをとり、映画監督デビューを果たした。あらすじ:2001年、アフリカの最...

風をつかまえた少年

2001年、アフリカ最貧国の一つマラウイ共和国を大干ばつが襲い、飢饉となる。 14歳の少年ウィリアムは学費が払えず中等学校を退学させられるが、図書館への出入りだけは許されたため独学を続けた。 理科が得意な彼は、風力発電の出来る風車を作り畑に水を引くことを思いつく。 しかし、誰もその話を信じようとしないのだった…。 実話から生まれたヒューマンドラマ。 

コメント

非公開コメント

yukikoさん

訪問&コメントありがとうございます。
yukikoさんのURLに飛んだらgooブログでフォローさせて頂いていました!
私も映画館はもっぱら1人です。一応、まだ仕事はしているので平日にはなかなか行けないのが残念。
本作からは色々と教わることがありましたね。食糧配給がまるで戦争のようで、愕然としました。
こちらこそ、宜しくお願いします。

始めまして

こんにちは、映画大好きな東北地方のおばさんです。
以前は仕事と子供と家庭に日々を追われ、映画を観に行くこともままならず、それが定年退職をしてからは、暫く1日TV鑑賞と寝てばかりでした。
余りにも惰性で生活するのに、あきれ果てている夫や娘たちに意見を言われて、それでは映画でも観にいこうと思ったわけです。
その映画を、初めは日記に書いてましたが、ブログを始めてからは熱心になり、暇さえあれば映画館通いに一人で出かけています。
平和な国、日本で贅沢に食べ物にありつきながら、映画館に通う幸せに感謝しなくてはと、この映画を観て勉強させられました。
今後とも宜しくお願いいたします。
プロフィール

こに

Author:こに
リアルな旅やお出かけ&本や映画の中を旅します♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク