fc2ブログ
読書三昧の日々

遠藤展子「藤沢周平 遺された手帳」

2018/01/16
新書・ビジネス本・学習本etc 0

文藝春秋

2017年 11月 第1刷発行

246

 

藤沢周平没後20

藤沢周平さんが娘の展子さんに遺した4冊の手帳を元に、父の記憶を残したい、伝えたいという思いから書き著された1冊です

1冊は昭和38年、展子さんが生れた年の1月から昭和426月まで

その間には妻・悦子さんを病気で亡くし、大きな喪失感に苛まれながらの子育てと仕事、執筆に忙しい生活ぶりが窺えます

残り3冊は和子さんと再婚後、昭和451月から昭和511月まで

主に作家活動についての記述が多いのですが、風邪をひいた、パチンコに行った、碁会所に行った、編集者と飲んで深夜に帰宅したなど、生活人としての周平さんの姿が垣間見えて可笑しくもありました

 

直木賞に関して

度々候補にあがりなが受賞できない日々

自分に実力がない、奢るべからず、など厳しい言葉で反省されておられます

 

1編の短編を仕上げるのにも何度も推敲を重ね、タイトルにも頭を悩ませていたのです

「たそがれ清兵衛」が最初は「つぶやき清兵衛」だったとか(^_^;)

藤沢周平ドラマシリーズの冒頭で、周平さんが古地図などの資料を徹底的に調べていたという紹介がありましたが、展子さんによればそれは作品のネタを探すためや史実とは違うものとならぬよう、嫌だけれど“仕方なく”やっていた作業とのこと

周平さんの苦労が偲ばれます

 

本書の題字は展子さんの息子さんによるものだそうです

娘夫婦や孫が自分の遺したものを大切にしてくれていることを周平さんも天国で喜んでおられることでしょう



























 

昨年11月、12月、今年年初に時代劇専門チャンネルで視聴した藤沢周平新ドラマシリーズ「橋ものがたり」

「小ぬか雨」「小さな橋で」「吹く風は秋」

北及きいさん、永山絢斗さんによる「小ぬか雨」は昭和55年にTBSで放送された吉永小百合さん、三浦友和さんのを越えることは出来なかったかと…

 

2月には「三屋清左衛門残日録 完結編」が放送されます

映画館で試写会があるということでダメモトで応募したら当選しました!

大スクリーンでの三屋清左衛門、楽しみです 


















関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.