fc2ブログ
読書三昧の日々

熊谷達也「群青に沈め・僕たちの特攻」

2009/07/27
熊谷達也 0

帯に戦争青春小説の白眉、とあります
熊谷さんを評するとき「白眉」という表現がよく使われますがありきたり過ぎて物足りないように感じます

特攻隊員
敵に向かって自爆攻撃する神風や回天ではなく
海底に潜んで上を通る敵艦隊を攻撃する伏龍の隊員に選ばれた浅沼17歳
彼が過ごす終戦間近の訓練所での日々を描いています

実際の戦闘場面はなく
人の死といえば訓練中に事故死した仲間

浅沼が誰かと戦争や死について熱く語るわけでもなく
淡々と描いているという印象
浅沼が実在の人物として今も存命なら80歳
無茶苦茶遠い過去の話では無いのに
現代とはあまりにもかけ離れた時代
想像が出来ない時代です



この群青の海に沈み敵舟艇と刺し違えるのが片時も忘れてはならない僕らの任務だ

一度決まった運命というのは神様が決めたものでもなく、どんなに心残りや未練があっても、あくまでも自分で決めたものだと、自分に言い聞かせた



熊谷さんの新境地
一度手に取ってみられてはいかがでしょうか

関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.