fc2ブログ
読書三昧の日々

映画・帰ってきたヒトラー

2016/06/25
映画&ドラマ 4

原題 Er ist wieder da
2015年 ドイツ
 
 
 
201410
公園の茂みの中で目覚めた一人の男
何と!
彼は〈絶対悪〉アドルフ・ヒトラーその人
総統地下壕から現代へタイムスリップしてきたらしいのです
地下壕を捜して街中をウロウロ
女性に声をかけ唐辛子スプレーを浴びせられフラフラになりながら行き着いたキオスクの店主に助けられ、自分の置かれた状況を把握します
理論家であるヒトラーは現状にパニックを起こすこともなく、キオスクに置かれている新聞や雑誌から、戦争に負けたこと、領土が大幅に減らされたこと、東西ドイツに分割された後、統一されたこと、今のドイツを率いている首相や大臣たち、各政党のスローガンなどを知り、あろうことか、現代ドイツに自分がやってきたのは、現代の腐りきったドイツを過去の強いドイツに戻すための神意であると理解するのです
やがてヒトラーの物真似芸人としてブレイクした彼は、再び大衆の心をとらえ始めるのでした
 
笑えるけど笑いごとじゃない
いやいや、全くその通り
ここまで真剣に国のことを考えている政治家が他にいるのか?
ヒトラーの指摘はごもっとも、と思えてきてしまうのです
彼が『いい人』に見えてくるのです
 
 
原作も読みました
原作もそら恐ろしい気持ちになりましたが原作とは違う結末により恐怖感が増し愕然としました
何と恐ろしいことでしょう…
 
原作ではキオスクの主人がヒトラーに
「ブルーノ・ガンツのヒトラーははまり役だったけれど、おたくは全体のたたずまいが…言っちゃなんだが、まったく、あれの本人みたいなんだよね」と言いドイツ式敬礼(年月を経てヒトラーの時代とは大きく変わってしまった)をする件があります
そうそう、『ヒトラー 最期の12日間』のガンツもよく似ていました
本作でヒトラーを演じるのは無名の舞台俳優オリヴァー・マスッチ
素顔はヒトラーとは似ても似つかぬ優しげな方
特殊メイクで頑張ったそうです



関連記事
スポンサーサイト



Comments 4

There are no comments yet.

こに

No title

> チャコティ副長さん
ナイス!&トラバありがとうございます。
時間が経ってみれば、「さらに続きます」で終った原作のほうが恐ろしいかも、などと思えてきました。
キューシューの17歳のハッカーなど、有能な人間が良い方向に力を発揮してくれたらどんなにか良い世の中になるかと思うのです。

2016/07/01 (Fri) 08:07

チャコティ副長

No title

ぶれない信念と状況分析がさすが?でしたね.
いやぁ、怖い映画でした….トラバさせて下さいね.

2016/06/30 (Thu) 21:46

こに

No title

> k&kさん
はい、ミリオン座ので午前早い時間の上映回で観てきました♪
笑えたのは最初のうちだけでした。
ちょうどイギリスが国民投票でEU離脱を選択したばかり。ぶれないヒトラーがより現実味を帯びてきたようで空恐ろしさを感じました。
お薦めの著書、探してきますね~~~(^^)

2016/06/26 (Sun) 09:07

k&k

No title

こんばんは!

ミリオン座での鑑賞でしたか。
コメディであって、唯のコメディではありませんでした。世の中が行き詰まりと強いリーダーを求めますが、
強すぎるリーダーも困りものです。
ヒトラーを描いた映画は数々ありますが、大野裕之著
”チャップリンとヒトラー”もお勧めです。

2016/06/25 (Sat) 23:22

Trackback 1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) 最近見た映画 2016年7、8月

このところオリンピックを見たりしていて、すっかりブログを更新していません。 秋になったら、感想を書くかもしれませんが、とりあえず記憶にとどめておくために、見た映画の名前を残しておきます。 洋画 帰って来たヒトラー、ザ・ウォーク、ズートピア、グランドピアノ、人生スイッチ、ポルトガル、ここに誕生す〜ギマランイス歴史地区、ルルドの泉で、トランセンデンス、メランコリア、スポットライト 世紀のスクー...

2020/08/06 (Thu) 15:16 by ポコアポコヤ 映画倉庫