fc2ブログ
読書三昧の日々

6/19 特撰東西競演落語会 桂文珍・柳家喬太郎

2016/06/20
落語・講談・狂言・文楽 0

特撰東西競演落語会 桂文珍・柳家喬太郎

穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール















































 

当日券あり、とはいっても数席のことでしょう

見渡す限り席は埋まっていました

 
 

本日の演目




 
 
 


















春風亭朝太郎さん

「子ほめ」

演目表の「子こめ」は間違いだと思います

前座さんから真打まで、多くの方が噺されますがそれぞれの個性が出るのが興味深いところです

 

柳家喬太郎さん

「井戸の茶碗」

これもよく聞きますね

印象に残っているのは林家たい平さん

たい平さんのが、ドタバタが強調され気味なのに対し、喬太郎さんはその静かな語り口の中に人の心を上手く表現されていると思います

 

中入り

 

柳貴家小雪さん

大神楽

傘回しなどの曲芸です

文珍さんへの繋ぎです、など謙遜しながら、ユーモアを含めた語りと芸とで館内はどよめきと拍手に包まれました

三味線漫談や紙切りなどの芸も落語会で見せて頂けるのは嬉しいことです

 

桂文珍さん

「旅立ち」

お得意の老人ネタ、世代間のギャップネタ

ゆる~い語り口の中に散りばめられた風刺や諧謔についていくのが結構大変ですが最初から最後まで笑いが途切れることはありませんでした

 
 

会場は豊橋駅徒歩3

名鉄電車で約50分強かかりますが行った甲斐がありました!

 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.