fc2ブログ
読書三昧の日々

映画・死ぬまでにしたい10のこと

2016/02/23
映画&ドラマ 0

原題 My life without me

2002年 スペイン、カナダ

 
 
 

アン(サラ・ポーリー)・23

17歳の時、コンサート会場で知り合ったドン(スコット・スピードマン)と結婚

23歳にして二人の子持ち

優しいが甲斐性があるとは言えない夫の仕事は安定せず、毎日ギリギリの生活

ある日、体調不良で倒れ病院へ行きます

診断結果は卵巣癌で転移もみられ余命2,3ヵ月

 

こんな自分が病魔に冒されていることなど知らない人ばかり

自分がいなくなったとしても人々の暮らしは変わらない

 

アンは病気のことを誰にも告げず消え去ろうと決心

死ぬまでにしたい10のことをノートに書きだし、一つずつ実行していきます

 

二人の娘が18歳になるまで毎年誕生日にお祝いのメッセージテープを残す

つけ爪をつける

刑務所にいる父親に会う

夫以外の男性と付き合う

などなど

 

夫以外の男性云々は、若くして結婚出産、毎日生活に追われ余裕の無い日々しか送ってこられなかった短い人生を悔やむ気持ちがあるようです

恋人に去られたばかりの男性と熱烈な恋愛が始まります

しかし、アンには相手の立場を慮る気持ちは無かったのでしょうか

近いうちに消えてしまう相手を愛してしまった男性

あまりに気の毒ではありませんか

おまけに、夫は妻の不倫は勿論、病気すら知らされず真面目に働いているのです

主人公の気持ちもわからなくはないのですが他に何かなかったのかと思えて仕方ありませんでした

隣家に越してきた同じ名前のアン(レオノール・ワトリング)に遺された家族を託したいという願いもどうかな?

 

「最高の人生の見つけ方」のつもりが大間違い

とんでもない勘違いでした(涙)

 

アンの母親を演じたデボラ・ハリーの演技は良かったです

 


関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.