fc2ブログ
読書三昧の日々

皆川博子「結ぶ」

2015/01/16
皆川博子 0

創元推理文庫

1998年文藝春秋より刊行された作品を再編集した上、文庫化

201311月 初版

解説・日下三蔵

352

 
 

1991年から1998年にかけて発表された幻想小説18編を収録

 

印象に残ったのは

 

表題作「結ぶ」

まるで江戸川乱歩の世界

身体のあちこちを縫われ最終的には球にさせられてしまう、という懲罰

 

「水色の煙」

寓話と折り紙を介した叔母と甥の戯れ

 

「薔薇密室」

老いたバレリーナが、発表会を手伝ってくれた若い男性に寄せる一方的な想い

 

「心臓売り」

古い心臓を買い取り、それから様々な情景を読みとる少女の独白

 

「メキシコのメロンパン」

小さな画廊でお茶を楽しむ生者と死者の奇妙な交流

 
 

じんわりとやってくる恐怖だったり、優しさだったり、郷愁だったり

皆川さんの、少しずつ味わいの違う幻想世界を堪能できる短篇集でした

 
 
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.