fc2ブログ
読書三昧の日々

映画・東ベルリンから来た女

2013/02/11
映画&ドラマ 8

2012年 ドイツ

原題 Barbara

 
 

まだ東西ドイツが分裂していた時代

東ベルリンの大病院に勤務していたが、西ドイツへの出国を望んだため拘留されバルト海沿岸の田舎町の病院へ飛ばされた医師バルバラ(ニーナ・ホス)

この町で彼女は秘密警察の監視下に置かれ、数時間「行方不明」になるだけで家宅捜索ばかりか全裸にされたうえ屈辱的な身体検査まで受けなければいけない暮らしを強いられている

勤務先の同僚とは打解けようとしないバルバラだったが、患者に対しては誠意を尽くし献身的な治療を施す

一方、西側に住む恋人の協力で着々と東側からの脱出計画を進めており、孤独にも耐えうる強さを持っている

 
 

序盤でのバルバラのスパイ活動のような行動の理由がよくわからず、この映画はハードボイルドなのか、スリリングでミステリアスな展開に惹きこまれ、気づけば映画が終わっていた感じでした

 
 

東側の体制下、権力によって人の尊厳が軽視される様子を生々しく描いています

最後にバルバラが下した決断が一人の少女の人生を変えることが出来たはず、そしてバルバラのその後の人生が人を信じることで少しでも穏やかなものであってくれたら、と思いました

 
 

終盤になってやっとバルバラの笑顔が見られるようになります

彼女、こんな歯並びだったんだ、と思って初めてそれまで笑顔のシーンがなかったことに気づきました

 

ニーナ・ホスの凛としてクールな演技に釘付けになりました

さらに、美貌とすらりとした肢体、特に首筋からデコルテの美しさは惚れ惚れするほどでした

自転車に乗っているシーンも、楽しいサイクリングではないのですがカッコ良くて素敵です

 
 

「マリーゴルドホテル~」かこちらか迷いましたが

こちらを選択して良かったです

 
 
関連記事
スポンサーサイト



Comments 8

There are no comments yet.

こに

No title

かずさん
トラバありがとうございます。
映画からは本当に多くの歴史を学ぶことが出来ますね。
東ドイツに暮らす人々が全て不幸だったわけでも、人間として不出来だったわけでもないんですよね。

2013/04/21 (Sun) 15:11

かず

No title

若輩者の僕としては、ドイツが東西に分けられていた時代は「歴史」の一つですので、どんな状況で、当時の人たちにはどんな苦しみなどがあったのかというのをこの作品を通じて少しは感じることができました。
とてもためになりましたし、彼女の決断はとても深かったですね。
TBおねがいします!

2013/04/21 (Sun) 14:54

こに

No title

Tomatoさん
大人の映画でしたね~。
恋愛や、豊かな西側を揶揄するところもあって色々と考えさせられた映画でした。

2013/02/14 (Thu) 09:17

Tomato

No title

私もこれを映画案内で見て、興味を惹かれたのですが、残念ながらわが街もこういう大人の映画が上映されるところではなくて・・・。
冷戦は終わりましたが、今も政治や社会の体制が人間を押しつぶそうとしているところは数多く、それに抗して生きることで自らや他者の尊厳を守ろうとする人もまた絶えないのだと思います。

2013/02/12 (Tue) 20:31

こに

No title

ひかりさん
バルバラ、本当に素敵でした。
それに対し、恋人がお金持ちみたいだけれど外見がイマイチだったような…。
作品も勿論最高でしたね。
こういう映画を観ると、数日はとても気分良く過ごせます。(^_^)

2013/02/12 (Tue) 19:14

こに

No title

チャコティさん
そうなんですかぁ、残念ですね。
観賞されましたら是非、感想をお聞かせ下さいね!

2013/02/12 (Tue) 19:10

ひかり

No title

これはほんとよかったですね。
そうなんです~ハードボイルでミステリアスで・・・
引きこまれちゃいましたね。
でバルバラは凛としてかっこよくて・・・・
素敵な作品でしたね。TBお願いします。

2013/02/11 (Mon) 22:21

チャコティ副長

No title

これ観たいのですが、近くで演ってない…。
名画座ギンレイ待ちかも…。観たら又来ますね!

2013/02/11 (Mon) 19:34