fc2ブログ
読書三昧の日々

映画・プリンセス・カイウラニ

2012/07/24
映画&ドラマ 6

2010年 アメリカ
原題 PRINCESS KA’IULANI
 
 
世界中から集まる観光客が美しい風景や海水浴、伝統芸能を満喫するリゾート地ハワイ
 
そこに昔、王朝が存在していたこと、王の名はカメハメハ1世
程度の知識しか持っていませんでした
 
王朝がいつ途絶え、ハワイ王国がいつアメリカ合衆国の一部になったのか
興味を持って調べたこともありません
 
この映画を観て、19世紀末にアメリカがハワイ王朝を転覆させ併合したことを知りました
アメリカ史にうもれた悲劇のプリンセスの生涯を描いた歴史ドラマです
 
 
ハワイ王国のカイウラニ王女(クオリアンカ・キルヒャー)は、幼いころに母親を亡くしたのだが、伯父の第七代国王カラカウアや伯母のリリウオカラニなどと一緒に王族の一人として幸せな生活をしていた
ところが、ある日反王制派の反乱が起きる
カイウラニの身の危険を案じた父親と共に父の故郷であるイギリスに向かい父の旧友テオの家に身を寄せる
通い始めた寄宿学校で激しい人種差別に直面、悔し涙を流すのだがテオの息子・クライヴや娘・アリスと心を通わせ落ち着いた月日を過ごすのだった
その間にハワイではカラカウア王が死去、妹のリリウオカラニが即位、米系移民によるクーデター発生、暫定政府樹立によりハワイ王朝は滅亡
その事実を知ったカイウラニはアメリカに渡り、米大統領夫妻と面談
持ち前の機知と外交手腕を発揮し懐柔に成功しますが、時既に遅し
リリウオカラニ女王は幽閉され、ハワイに戻ったカイウラニが見たのは完全に米系移民に支配された故郷だった
しかし、カイウラニにはある決意が芽生えていた
 
望まぬまま故郷を離れ数年を過ごし、戻ったと思ったらそこは自分の育った故郷ではなくなっていた
ハワイへの愛着と先住民としての誇り
カイウラニの祖先が築いた独立国だったハワイにはハワイ語や独特の社会、文化、伝統があり、それらをアメリカの前に消滅させてはならなかったのです
 
 
当初親米政策をとっていたカラカウア王は米帝国主義と米系移民の圧力に悩まされ、1881年、外交関係の改善を目的の世界周遊に出た折、日本にも立ち寄り、日本の皇族男子とカイウラニ王女との縁談を申し出ていたそうです
これは実現しませんでしたが、もし実現していたとしたら
真珠湾攻撃は無かったのかもしれません
しかし、日本が併合にやっきになっていたかもしれません
 
実在したカイウラニ王女はハワイ併合の翌年、23歳という若さで亡くなったそうです
エンディングで王女の写真を見ることができますが、美しく、理知的で気品に溢れた方です
 
学校では深く学ばない世界の史実をまた一つ映画から学ぶことができました
 

関連記事
スポンサーサイト



Comments 6

There are no comments yet.

こに

No title

花野さん
コメントのご返事が遅くなってごめんなさい。
カイウラニの恋愛も何だかな~、って感じがしました。
映画で世界各地の歴史や文化を学ぶことが出来るということで外国映画を観るのもアリですよね。

2012/08/14 (Tue) 15:01

こに

No title

k&kさん
勝手にやってきた白人が原住民の生活を脅かすのを黙って見ているわけにはいかなかったんでしょうね。
名演小劇場では、何本か続けて鑑賞する人が多いですね。
今度の土曜、行くつもりです。^^

2012/08/09 (Thu) 20:15

Hanano

No title

こんにちは
映画、観てきました。
「カイウラニの人生は、一本の映画に仕上げるには不足」というにこさんのご意見のとおりですね。
ハワイの歴史や文化を少しですが知ることができよかったけれど、映画としては、もの足りなかったです。

2012/08/09 (Thu) 10:07

k&k

No title

こんばんは!

名演で上映される作品は、ほとんど観ています。
この作品はパスしようと思ったのですが、こにさんの
記事を読んで、思い直しました。

民族意識の強い彼女にとって、アメリカへの併合は耐えられ
なかったのでしょうね。
TBさせてください。

2012/08/06 (Mon) 00:45

こに

No title

ゆずにすももさん
今朝、ロンドンオリンピックの開会式でグアムはグアムとして参加しているのを見て改めてハワイに思いを馳せました。
カイウラニの人生は、一本の映画に仕上げるには不足するものがあると思いました。クライヴとのロマンスもとってつけたような感じでしたし。

2012/07/28 (Sat) 11:10

ゆずにすもも

No title

It's a shame more help didn't come from greater passion in the filmmaking つい検索してしまいます。主役の女性一人ではどうにもできな現実というのがあるようですね。
今でも彼女は"The Barbarian Princess でしかない。

2012/07/25 (Wed) 12:52