FC2ブログ

TVドラマ「宮沢賢治の食卓」

2017年 WOWOW 連続ドラマW

【シネフィルWOWOW

 

原作 魚乃目三太「宮沢賢治の食卓」

 

若き日の宮沢賢治(鈴木亮平)

彼の愛した食やクラシック音楽を通して家族や親しい人たちとの関わりを描きます

 

東京に暮らす賢治の元に実家から妹・トシ(石橋杏奈)の大病をほのめかす電報が届きます

急ぎ、帰郷する賢治でしたがトシは至って元気

電報は家業の質屋・宮澤商店を継がせたい父・政次郎(平田満)の謀でした

まだまだ封建的な家族制度の残る時代

政次郎はまるで悪役のようですが、門井慶喜さんが政次郎を描いた「銀河鉄道の父」を思い出しつつ、その心の内を思いながら観ると、賢治を筆頭に子どもたちに思いを寄せる悩ましい父親像が浮かび上がってきます

 

妹・トシとの死別に描かれる兄妹愛はやはり泣かされました

石橋杏奈さん、熱演でした

 

農学校の教師として張り切る姿、音楽教師であり賢治の親友・嘉藤治(山崎育三郎)や結婚まで考えたヤス(市川実日子)とのエピソードなども、ひとつひとつに賢治の誠実さが滲み出ていてとても良かったです

タイトルに食卓とあるように、各話に出てくる「コロッケ」「ビーフシチュウビーフ」「鶏南蛮そば」「焼きリンゴ」「アイスクリーム」も美味しそうでした

 

それと、政次郎を除く宮沢家の人々の物言いがとても丁寧で、母から子供たち、兄弟の目上から目下、皆名前をさん付けで呼ぶところも、互いを尊敬し尊重し合っているのが伝わってきて大変好ましかったです

家長である政次郎を中心によくまとまった家族でした

 

一風変わった視線で描かれた心温まる宮沢賢治の物語でした


 

20190911宮沢賢治の食卓



 

 

スポンサーサイト



tag : #テレビドラマ #宮沢賢治の食卓 #鈴木亮平

フレドリック・バックマン「ブリット=マリーはここにいた」

原題 BRITT-MARIE VAR HÄR

訳・坂本あおい

早川書房

201810月 初版発行

439

 

 

ブリット=マリー、63

夫は心臓発作で倒れ、と同時に若い美人を浮気をしていたことが明らかになる

これまで外で仕事した経験は、ほぼゼロ

今一番怖いものは、孤独死

さあ、どうする、ブリット=マリー?

 

決して悪い人間ではないけれど、若い時からずっと家庭にこもって小さな世界で生きてきた“空気が読めない”傾向にある人間

今から大胆に何かを始めようとする年齢でも性格でもありません

しかし、孤独死を恐れ、理性的に考えた結果、職業安定所をたずね、ボーリという寂れた小さな村で管理人の職を得、何故か子供たちのサッカチームのコーチになります

 

こんな頭の固い、融通の利かない女性に仕事が勤まるものか…

ところがところが

ブリット=マリーは、私たちからすればほんの些細なことのように思われるのですが、未知の物に出会ったり、新しいことが出来るようになっていくのです

これまで築き上げてきたものは捨てられないけれど、新しい経験に心が弾むのです

 

さてさて、ブリット=マリーはどうなる?どうする?

ユーモアと皮肉に満ちた物語を楽しく読み終えました

20181224ブリットマリーはここにいたs 

tag : #読書 #ブリットマリーはここにいた #フレドリックバックマン#早川書房

おうち映画(日本)を5本

「おっぱいバレー」

2009

Netflix

 

1979年、北九州市

転任してきた国語教師、寺島美香子(綾瀬はるか)は弱小男子バレー部の顧問になります

全くバレーを知らずやる気のない部員たちに「試合に勝ったらおっぱいを見せる」という約束をさせられた美香子

彼女と部員たちを描く一風変わった青春ドラマです

 

約束の話を聞かされた美香子の同僚教師、堀内(青木宗高)の彼女の胸元に向かう目線がスケベ(#^.^#)

でも、イヤラシさはあまり感じませんでした

大人男性にはフツーのことですよね

 

美香子の中学時代、前任の学校での事件、そして今回の“事件”

現在なら深刻な問題になりそうな事件なので、設定を1979年にしたとのこと

美香子は教師の資質にはやや欠けると思いますが天然キャラの綾瀬はるかさんだから許せちゃうかな

全体に、もうひとつ足らない感じはしましたが、BGMに流れる懐かしい楽曲と綾瀬さんのファッションを楽しみました

 20190810おっぱいバレー

 

 

 

「あやしい彼女」

2014

Netflix

 

口癖は「娘を育てるのに必死で、自分の好きなように人生を送れなかった」

家族と喧嘩して家を飛び出した瀬山カツ(倍賞美津子)、73

夜遅くなって1軒の写真館に辿りつきます

そこで写真を撮り店を出ると驚くことに20歳の姿に戻っており、かつての美しい姿を取り戻したカツ(多部未華子)は髪形や洋服、名前も大島節子と変えて新しい人生を歩み始めます

 

コミカルではありますが、若返って好きな人生を歩き始めたカツ=節子やカツの娘(小林聡美)が家族との関係を見つめ直していく姿も描かれ、色々と考えさせられる作品でした

 

多部未華子さんの歌う昭和歌謡は素敵だし、憧れのオードリー・ヘプバーンに似せた髪形やファッションはとてもよく似合っていて彼女の魅力が存分に発揮されています

 

ラストはそうきたか!?

ま、良しとします^^

20190810あやしい彼女

 

 

 

 

「バースデーカード」

2016

Netflix

 

10歳の時に母(宮﨑あおい)を病気で亡くした紀子(橋本愛)

生前母が約束してくれた通り、毎年届く誕生日カードに励まされながら人生を歩んでいく姿を描きます

 

橋本愛さん出演ということで観賞

父親役はユースケ・サンタマリアさんで、予想通りの優しいお父さんです

毎年毎年、母の手紙を楽しみにしていた紀子ですが、彼女も成長に従い反発心を持つようになります

18歳から20歳まではヤキモキさせられましたが、落ち着くところに落ち着いた感じかな

20歳で終わるはずの母からの手紙

実はもう1通用意されていて、それは紀子の結婚式の日に渡される物でした

ウェディングベールのエピソードにはじ~んときました

子供を残して死ななければならないなんて、どれほど辛かったことか…

 

ある家族を描いた温かい物語でした

20190810_バースデーカード1 

 

 

 

「にがくてあまい」

2016

Netflix

 

ベジタリアン、ゲイ、料理上手な一流高校の美術教師・片山渚(林遣都)

農家の娘ながら野菜嫌い、料理も掃除も全く出来ないが仕事には燃えるキャリアウーマンの江田マキ(川口春奈)

ひょんなことから片山の家に同居することになったマキが、片山の料理に癒され親との関係が修復され、仕事もうまくいくようになります

一方の片山も実の兄を亡くしたことで負った心の傷を見つめ直すことが出来ました

 

二人でマキの実家に行くのですが、当然のことながらマキの両親(中野英雄・石野真子)は二人が結婚するものと決めてかかります

ところが片山からゲイであることを告白されガッカリ

石野真子があの天真爛漫な顔で「セメかしら、ウケかしら」と夫に聞くシーンに一人で声を出して笑ってしまいました

 

イケメンとカワイコちゃんのラブロマンスだろうと軽く流すつもりで観始めたのですが、意外に面白かったです

 

美味しい料理は人の生き方を変えることも出来るのです!

 20190810にがくてあまい

 

 

 

「象の背中」

2007

Netflix

 

仕事も私生活も充実していたサラリーマンの藤山(役所広司)は、背中の痛みで行った病院で余命半年の肺がんと宣告されます

彼は延命治療を拒否、残された人生を有意義に過ごすため、これまで関わった人々に直接別れを告げようと決意します

 

原作は秋元康さん

それだけで色眼鏡で観てしまったかもしれませんが「どういうこと?」と思えるシーンが多かったです

特に女性関連のシーン

藤山のことなど覚えていないのに初恋の相手を呼出し「僕はがんで死ぬのです」と告げる

そんなこと言われてどうしろと?

優しく聡明な妻(今井美樹)には病気を告げず、愛人(井川遥)には弱音を吐き涙まで見せる

違うんじゃない?

ホスピスから愛人に、会いたいから来てほしいと電話し、2人の関係を悟った妻が気を使って病室を出ていく

妻に謝るべき!

 

絶縁していた兄(岸部一徳)との再会とスイカを食べながらの思い出話のシーンだけは良かったです

兄弟の父親も愛人がおり、母親が病没後、後妻に入っているようで、それが気に入らず藤山は実家と絶縁状態だったのでした

愛人を持つ男性の気持ちが理解は出来ませんが許せるような気はしました

 

主人公は家族に見守られ満足のいく逝き方が出来たのでしょうが、何かモヤモヤが残る作品でした

 

今井美樹さん、妻として出来過ぎ!

もっと女の部分を出していれば井川遥さんになんか負けるはずない!

20190810象の背中



 

 

tag : #映画 #邦画

9/13 らくごDE全国ツアーvol.7 春風亭一之輔のドッサリまわるぜ2019

らくごDE全国ツアーvol.7 
春風亭一之輔のドッサリまわるぜ2019
アートピアホール
20190913_101741s.jpg

20190913_231859s.jpg   20190913_212459s.jpg




真面目にふざけて落語やってますと仰る一之輔さん
真面目に真面目に落語やってらっしゃいます

「団子屋政談」
十五夜の夜に選んだ噺は
初天神に大岡政談を加えたオリジナル噺
涙が出るほど笑いに笑い

仲入り後は真逆の趣向で
「柳田格之進」
じっくり語りを聴かせて頂きました
こちらもオチは一之輔さんオリジナルでしょうか?
年内、名古屋市内で2回一之輔独演会がありますが何れも都合で行けず(涙)
残念です~~~

tag : #落語 #春風亭一之輔 #アートピアホール

TVドラマ「アキラとあきら」

2017年 WOWOW 連続ドラマW

【シネフィルWOWOW

9

 

原作 池井戸潤「アキラとあきら」

 

大手郵船会社の御曹司として育つも家業を継がず銀行に就職した階堂彬(向井理)

小学生の時に父親の経営する町工場の倒産により辛い日々を過ごすも勉学に励み、理想を求めて彬と同じ銀行に就職した山崎瑛(斉藤工)

奇しくも同期として就職した2人の“あきら”の少年期である1970年代前半から2000年代前半の30年間を描きます

 

キーワードは『宿命』『運命』

2人がライバルとして対立するのではなく、切磋琢磨しながら高め合う姿に夢中になりました

向井さんと斎藤さん、カッコイイし(#^.^#)

銀行員のスーツ姿で街を歩いていたら目を惹くこと間違い無し!

最終回では、土下座あり、涙あり

恋愛などは最小限に抑え本筋を追う骨太ドラマでした

20190825アキラとあきら




tag : #テレビドラマ #アキラとあきら #向井理 #斉藤工 #池井戸潤

映画・引っ越し大名!

2019年
【TOHOシネマズ名古屋ベイシティ】

原作 土橋章宏「引っ越し大名三千里」
原作は実在した大名のエピソードをもとにしているそうです

土橋さん原作の「超高速!参勤交代」が面白かったので興味津々
公開を楽しみに待っておりました

播磨姫路藩書庫番の上士・片桐春之介(星野源)は人と話すのが苦手で書庫に引き籠りがちで“かたつむり”などと揶揄されています
そんなある日、藩主の松平直矩(及川光博)は幕府から石高が半分以下になる豊後日田藩への国替えを命じられます
当時の引っ越しは全ての藩士とその家族全員で移動するという桁外れの労力がかかる超難関プロジェクト
引っ越しを成功させなければ、お家取潰しの危機もある中、全ては国替えの総責任者である引っ越し奉行の手腕にかかっています
白羽の矢がたったのが書物に詳しく様々な方面に豊かな知識を持つ片桐春之介でした
突然の大役に尻込みする春之介でしたが、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)や前任の引っ越し奉行の娘・於蘭(高畑充希)の助けを借りながら着々と準備を進めていきます
準備も整い、距離600kmの日田に向けていざ出発
ところが、公儀隠密が引っ越しの行列を狙っていました…

何故、幕府がそこまで越前松平を憎むのか
その理由は幕府側用人の柳沢吉保(向井理)にあるのですが…
大好きな向井さんが…
ちょうど録画しておいた連続ドラマW「アキラとあきら」で超カッコイイ向井さんを観ていたところで、そのギャップに笑ってしまいました

いつもの星野源さん、高畑充希さん
高橋一生さん、これだけかしらと思っていたら終盤に大活躍!(^^)!
及川光博さんは優しくておっとりとしたお殿様がよくお似合いでした

引っ越しに連れていけるのは家族だけ
置いていかれる家老・大野の妾が歌を聴かせるシーンがあります
高畑充希さん二役だと思いましたが丘みどりさんという演歌歌手でした
ソックリですね!

藩士全員を連れていくことは出来ず、600人を“解雇”せねばなりません
春之介はいつか加増が叶えば必ず呼び戻すという約束で帰農を薦めます
姫路から日田、さらに出羽山形、陸奥白河への引っ越しまで15年
ようやくの加増を得られ、姫路に残してきた元・藩士たちを迎えにいく春之介
帰参が叶い白河に戻ってきた元藩士たち、姫路で亡くなった者たちの名を刻んだ石碑、姫路に根を張り農業を続けることにした者たちの刀
それらを前にした松平直矩や春之介、源右衛門たち
ウルウルきました
笑いあり、涙あり、感動あり、現代社会に通ずる諸々あり
よい心持で映画館を出ました

帰参せず姫路に残って農業を続ける中のリーダー格としてピエール瀧さんが出演していました
いい役者さんなのですが…残念!
20190910引っ越し大名s

tag : #映画 #引っ越し大名 #TOHOシネマズ名古屋ベイシティ

おうち映画(海外)を5本

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」

原題 CHEF

2014年 アメリカ

Netflix

 

SNSに拡散した映像が原因で一流レストランをクビになり職を失うものの、キューバサンドウィッチを売るフードトラックを始めた腕の良いシェフ(ジョン・ファブロー)

皮肉なことに今度はフードトラックがSNSを通して評判になり行列の出来る店になります

 

同時に描かれるのは、別れた妻(ソフィア・ベルガラ)の元で暮らす息子(エムジェイ・アンソニー)との絆です

夏休みというのもあって一緒に屋台で旅をする間に深まる絆

そして妻との関係も修復されていきます

 

めでたしめでたし

想像していた以上に良い映画でした

 

SNSは良きにつけ悪しきにつけ影響力大ですネ

 

ソフィア・ベルガラがトランプ大統領夫人のメラニアさんに見えて仕方ありませんでしたW

20190809シェフ三ツ星フードトラック始めました 

 

 

 

1517分、パリ行き」

原題 THE 15:17 TO PARIS

2018年 アメリカ

Netflix

 

2015年にヨーロッパで起こった「タリス銃乱射事件」で現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者を主役に、事件に至るまでの彼らの半生を本人たちを起用して描いたドラマ

 

幼馴染の親友同士の3人が出会った少年時代や、事件に遭遇することになるヨーロッパ旅行の過程を描きながら、いかにしてテロリストに立ち向かうことができたのかを明らかにします

 

銃撃戦やアクションはそれほど派手ではないし、パニック映画でもありません

が、ひしひしと伝わってくる緊迫感

クリント・イーストウッド監督の技量に尽きる作品と思います

20190809_15時17分発パリ行き 

 

 

 

「バンガロール・デイズ」

原題 BANGALORE NAATKAL

2016年 インド

【ムービープラス】

 

南インドの大都市、バンガロールに憧れるアジュ、アム、クッティの3人の群像劇です

3人は仲の良い従兄弟同士で、クッティはIT企業への就職で、アジュはクッティの部屋に転がり込んで、アムはプラサードとの見合い結婚で、バンガロール生活が始まります

クッティの部屋に飾られた3人の写真が6人になり、また3人に、そして最後は6人に

それぞれに愛する人を見つけ成長していく姿は、ハラハラしながらもインド映画らしいハッピーエンドで締めくくられます

案外、一番ハッピーだったのはアムの結婚相手・プラサードだったかもしれません♪

20190809バンガロールデイズ

 

 

 

「ショーン・オブ・ザ・デッド」

原題 SHAUN OF THE DEAD

2004年 イギリス

【ムービープラス】

 

突如として街に出現したゾンビの大群から家族や恋人、友人を救うべく立ち上がったダメ男の奮闘を描きます

ダメ男=ショーンを演じるのはサイモン・ペッグ

面白くないはずありません!

難しいことは抜きにして楽しんで観れば良い作品です

ショーンと上手くいっていなかった義父役にビル・ナイ

死の間際(ゾンビに変わる直前)にショーンへの思いを語るシーンはグッときました

流石です

20190809ショーンオブザデッド 

 

 

 

「ファニア、歌いなさい」

原題 PLAYING FOR TIME

1980年 アメリカ

Netflix

 

1942年、パリのナイトクラブで歌っていた人気歌手・ファニアは父がユダヤ人であったためアウシュビッツに送られます

自分を見失わず人間らしさを失わなかった彼女の手記を基に収容所での地獄のような日々を描きます

 

映像は色彩を抑えたセピア調で淡々とした印象ですが、“音”だけのサイレン、銃声、悲鳴などがリアルさをもたらし、恐怖や絶望が伝わってきます

 

ラスト、連合軍に救助されたファニアの弱々しい歌声が胸に響きました

20190809ファニア歌いなさい


 

 

 

tag : #映画 #洋画

山鳥重「「気づく」とはどういうことか こころと神経の科学」

ちくま新書

20184月 第1刷発行

254

 

「なんで気づかなかったの?」「気づいたらやっていた」などなど、「気づく」という言葉は何気なく使われているが、実際にはどんな状況で使われているのだろうか?

似た言葉に「意識する」があるが、これだと少し意味がずれる

その違いはなんだろうか?

「気づく」というこころの働きを、それに関連する「意識」「注意」「記憶」などの働きとからめて整理することで「こころ」の不思議に迫る

 

第一章 「こころ」という偶然なるもの

第二章 感情と心像、そして意志

第三章 少しだけ神経系の話

第四章 記憶

第五章 こころ・意識・注意

第六章 「わたし」にしか「わたし」に気づけない

第七章 こころは常に揺れている

第八章 知性と霊性

 

 

ワタクシレベルには想像していたのより遥かに難しい内容で何度も挫折しかかりましたが合間に別の本を挟みながら何とか読み終えました

それで分かったかと問われれば、正直なところ殆ど分りませんでした

挿入されている優しい雰囲気のイラストだと分かるのに文章だと分からない自分にも困ったものです(^_^;)

 

人間の脳って複雑なのね~~~

20181209気づくとはどういうことかs

 

 

tag : #読書 #山鳥重 #気づくとはどういうことか #こころと神経の科学 #ちくま新書

西加奈子「ふる」

河出文庫

201511月 初版発行

268

 

 

池井戸花しす、28歳、独身

職業はアダルトビデオへのモザイクがけ

趣味はICレコーダーでの隠し録り

「いつだってオチでいたい」と望み、過去を愛おしみ、誰の感情も害さないことにひっそりと全力を注ぐ毎日でした

そんな彼女に訪れた変化とは―――

 

 

途中まではよく分らないまま読み進み、花しすの母が姑の介護をする辺りからはこの不思議な小説世界にどっぷり浸かりながら一気読み

花しすの人生に別の人物として繰り返し登場する『新田人生』なる人物についても、序盤は余計なことばかり考えて却って読みづらくしていたようです

 

西さんによる「あとがき」より

私は「いのち」のことを書きたかったのだなと思った

全部であり、全部の一部に過ぎない「いのち」を「いのち」の予感を孕んだ女性器と寄り添わせて書きたかったのだと

私は「いのち」に圧倒されている

だから「ふる」という作品は、私が「いのち」のほうへ手を伸ばしている、その格闘の軌跡だ

 

西さんしか書けない物語ですね

 

また描きたいなぁ、とも書いてらっしゃいます

また読みたいです

20181209ふるs

 

tag : #読書 #西加奈子 #ふる #河出文庫

映画・ガーンジー島の読書会の秘密

原題 THE GUERNSEY LITERARY AND POTATO PEEL PIE SOCIETY

2018年 イギリス、フランス

【センチュリーシネマ】

 

第二次世界大戦後、ロンドンに暮らす作家・ジュリエット(リリー・ジェームス)の元に一通の手紙が届きます

差出人はイギリス海峡、チャネル諸島のガーンジー島に住むドーシー(ミキール・ハースマン)という男性で、ガーンジー島には本屋がないのでロンドンで購入して送って欲しいというものでした

何度か手紙のやり取りをするうちにドーシーたち島民が、ドイツ占領下時代にあっても読書会を立ち上げて心の支えにしていたことを知ります

読書会に関する記事を『タイムズ』に書こうと島を訪ねるジュリエットでしたが、読書会のメンバーの中にはジュリエットに対し好意的でない人もいました

 

イギリス海峡のチャネル諸島がドイツ占領下にあったこと

知りませんでした

映画で学ぶ歴史です

地図で確認しましたが、イギリスよりフランスに近いですね

 

本作の主人公・ジュリエットもロンドン空襲で両親を亡くしていますが、占領下時代のガーンジー島民の酷い体験までは知らなかったようです

本を通した人と人の交流を描くものと思って観賞しましたが、それだけではなく反戦や人を心から思うことの大切さなども描かれており、とても心温まる内容でした

邦題にある“秘密”から受ける緊迫したものは柔らかめです

余韻を残すラストは良かったのですが、そこに至る終盤の展開にはやや不満が残りました

でも、結果オーライ、かな^^

 

ガーンジー島といえば、フィッシャーマンセーター=ガーンジーセーターを思い浮かべます

ドーシーの着ているセーターが普通のメリヤス編みでガーンジー模様が入っていなかったのは物凄く残念!

(画像4枚目のネイビーのセーター)

20190902ガーンジー島の読書会の秘密2s


20190902ガンジー島の読書会の秘密3s   20190902ガーンジー島の読書会の秘密4s 


20190902ガーンジー島の読書会の秘密1



  

 

 

tag : #映画 #ガーンジー島の読書会の秘密

プロフィール

こに

Author:こに
リアルな旅やお出かけ&本や映画の中を旅します♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク